Mortgage Rates Loading

どんなお仕事をしているの?社会労務士のアレコレ紹介

社会労務士とはどんな仕事?

社会労務士は国家資格の一つで、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的としている仕事です。簡単に言ってしまえば企業の労務問題を専門に取り扱う役目を負っている存在で、労働・社会保険に関する諸問題や年金の相談などに対応しています。

このことから職場や企業の悩みを相談する窓口として活躍していて、企業そのものであったり働いている人個人を対象として仕事をしているようです。

社会労務士の仕事内容を詳しく紹介

社会労務士の主な仕事内容は5つに分けられていて、「労働社会保険手続き業務」、「労務管理の相談指導業務」、「年金相談業務」、「紛争解決手続代理業務」、「補佐人としての業務」になります。

このため企業や個人からの労務や社会保険、年金に関する相談や指導を行うことがメインとして考えられていますが、場合によっては裁判に発展した時に補佐人として弁護士と一緒に問題解決に対応することもあるようです。また労務に関しては企業における採用から退職までの間を全てサポートしているので、企業向けの業務がメインになっています。

社会労務士の働き方について

社会労務士は自身の事務所を持って独立した形で仕事をしている人もいますが、それ以外にもほかの社会労務士の事務所に雇用されたり企業に雇用される形で仕事をしている人もいます。どちらの働き方にもそれぞれメリットやデメリットがあり、最終的に自分がどのような形で働きたいと思っているのか考える必要がありますし、女性の場合はライフプランやスタイルも含めて検討することが大切です。

社会保険労務士の就業規則作成は、社会保険労務士の基本的な業務です。労使トラブルを予防するための就業規則は、会社のルールブックといえます。