Mortgage Rates Loading

事業資金を調達する前に検討しておきたいこと

本当に必要なのか考え直す

新しい設備を購入したり、支店を設けたりなど、会社経営を行う場合に必要となるのが事業資金です。潤沢な事業資金があれば、金融機関からお金を借りずに経営することができます。無借金経営は利息の返済をせずに済む点は魅力的ですが、こだわり過ぎてすぐに使用できる資金が少ない状況はリスクがあります。ですから、金融機関からお金を借りながら経営していくことが大事です。ただ、事業資金を調達する場合は、本当に必要なのか何回も考え直しましょう。数百万円や数千万円という資金を借りてしまうと、低金利でも発生する利息は大きいです。利息が大きければそれだけ損をしてしまうため、慎重に検討したうえで判断する方が会社のメリットになるでしょう。

有利な条件で融資を利用しましょう

事業資金を調達する予定の場合は、有利な条件で契約できるように努力することが重要です。有利な条件とは、できるだけ低い金利で融資を受けられる状況を意味しています。そのため、融資を受ける金融機関は金利で比較して選ぶようにしましょう。すでに取引のある金融機関での借入は安心して利用できたり、融資担当者を知っているので相談しやすかったりなどのメリットがあります。しかし、利用しやすいだけで金利が低くなければ、結果として返済の負担を増やすことになります。低い金利で事業資金を調達し、利息の返済負担を減らすことによって社員の給与をアップしたり、新卒や中途採用の人数を増やしたりなど、会社にとってはプラスになることが多いです。

ファクタリングとは、サービスや商品を提供した会社が通常1-2ヵ月待たなければならない入金を、別の会社が割安な手数料で支払ってくれるやり方を仕組み化したことです。