Mortgage Rates Loading

無理せず返済するために!事業資金の返済方法と特徴

Posted On By admin

短期返済のメリットとデメリット

事業資金の返済方法には大きく短期と長期の2種類の返済方法があります。それぞれの返済方法にメリットとデメリットがあるのでよく理解した上で選択をすることが大切です。短期返済を選択する大きなメリットの一つに運転資金の確保のしやすさがあります。短期返済は文字通り1年程度の短い期間で返済を終える形となるので利息の支払いを最小限に抑えられるのが特徴です。完済をすれば再び借入をすることもできるので安定した資金調達が実現できます。ただし、短期返済は指定された期日に一括で返済するケースが多いため、予定日までにお金を工面しなくてはいけません。万が一返済が困難になると会社の資金繰りが悪化することもあるので注意が必要です。

長期返済の利点と注意点

1年程度の短い期間で返済する短期返済に対して、長期返済は数年程度の長いスパンで返済を続けていく形となります。長期返済におけるメリットは負担の少なさです。借入の金額で若干の違いはありますが、短期返済は期間が短い分だけ月々の返済額が大きくなります。そのため、経営状態で資金繰りが悪化することも少なくありません。一方長期返済は金額が少なくて済むので最低限の利益を上げていれば無理なく返済を続けられます。景気に左右されやすい企業にとってこの点は大きな魅力です。ただし、借入には利息が発生するので完済までの期間が長くなるほど余計な出費がかさむことになります。長期返済を利用する時は事前にトータルの利息について調べておくことが大切です。

事業資金の調達には、二つの方法があります。一つは自己資金です。返済する必要はありません。もう一つは他人資金です。融資を利用した調達です。調達は比較的に簡単ですが、利息も含めた返済が必要です。