Mortgage Rates Loading

キャリアアップにおすすめの資格!社会保険労務士

社会保険労務士の仕事と役割

社労士は法律に基づいた国家資格です。仕事内容は労働や社会保険に関する事柄で、採用から入社、退職までの間、各種保険と働き方の面から事業の発展と福祉向上を支援します。仕事は大きく2つに分けることができます。ひとつは労務管理に関する相談や指導、もうひとつは労働保険や社会保険に関する手続きです。どちらも労使関係を円滑にしながら事業運営するには大切で企業の3大管理といわれるヒト・モノ・カネのうちヒトを支えます。

社会保険労務士の仕事のひとつ労務管理

社労士の大切な仕事のひとつは労務管理です。社労士資格は人事部の人が取得する傾向にありますが、その理由は人事部が雇用管理や労働時間管理に関わるからです。生産状況にあった雇用形態で無理なく働くための労働環境の整備は健全な事業運営に欠かせないことです。

就業規則の改定、労使関係や賃金の相談、人材育成に関する提案もします。行政側の支援受入れや助成金の申請、人事制度の構築や採用に役立つ情報の提供など人事コンサルティングとしての役割も果たします。

労働保険や社会保険の手続も社会保険労務士の仕事

労働保険や社会保険の手続きも社労士の仕事です。労働保険は従業員が安心して働くために、社会保険は将来年金を受給するために必要です。安心して働けるのは行政機関に届け出をしているからであり、社労士が事業主に代って企業の社会的責任を果たしているといえます。

現在は働き方改革や年金に関する問題がさまざまに取り沙汰される状況です。労働保険や社会保険は改定が頻繁で制度が複雑化しており、手続きに問題があると重大な不利益につながります。法令を遵守しながら働きやすい職場づくりを模索する、社労士の仕事はやりがいがあるといえます。

老後の生活を守る大切な年金ですが、制度が複雑です。不明なことがある時には渋谷の社労士に相談しましょう